佐喜眞美術館

Sakima Art Museum

唄と語り 照屋政雄・戦争(いくさば)の記憶~あのとき政雄少年がみた戦場~《慰霊の日企画》

撮影:国吉和夫、小浜司「島唄を歩く2」(琉球新報社、2014)

撮影:国吉和夫、小浜司「島唄を歩く2」
(琉球新報社、2014)


民謡歌手・三線職人・ 映画俳優・とマルチな才能で活躍し、今年80歳を迎える照屋政雄さん。
6歳で読谷村・石川(現うるま市)で体験した沖縄戦と戦後の壮絶な半生を支え続けたのは沖縄の歌と三線でした。
どんな時代になろうとも何ものにも代えられない「命どぅ宝」。
戦後74年目の慰霊の日は、 琉球古典音楽や西洋音楽などジャンルを越えた表現活動を展開する澤井毎里子さんの笛、島山信和さんのギターとともに、丸木位里・丸木俊の<沖縄戦の図>の前で照屋政雄さんの唄と語りで次世代へ繋ぐ平和の想いを込めます。

出演:照屋政雄(沖縄民謡歌手)・澤井毎里子(笛)・島山信和(ギター)
日時:慰霊の日 6月23日(日) 午後4時30分開場 午後5時開演
   ※一般入場は午後3時まで
入場料:前売り 大人 2,000円 中高小 1,000円(当日券各500円増し)
    友の会会員は前売り・当日一律 1,500円(観覧料込)
定員:100名
※入場券は、お電話でもご予約いただけます。
※入場券のお問い合わせは
佐喜眞美術館 電話 098-893-5737 e-mail:info@sakima.jp まで

照屋政雄 プロフィール

1939年生まれ・読谷村出身
野村流古典音楽師範
琉球民謡登川流研究保存会理事
照屋太鼓三線店・沖縄民謡唄者
6歳の時に目の前の死体を踏みながら家族と逃げた石川(現うるま市)のヌチシヌジガマで終戦を迎える。戦後、農作業をしながら三線作りの手伝いをはじめ三線職人の道へ。照屋林山、琉球古典音楽の人間国宝・島袋正雄に師事、また照屋林助、登川誠仁の元で芸を学び、沖縄民謡「トゥルルンテン」「ちょんちょんキジムナー」などのヒット曲を生み出す。また映画「ホテル・ハイビスカス」(02年)、「サルサとチャンプルー」(08年)、「さんかく山のマジルー」「南の島のフリムン」(09年)等テレビドラマ、にも出演。ラジオパーソナリティ(FMよみたん、オキラジ)としても活躍中。

澤井毎里子 プロフィール

歌手、司会。琉球古典音楽安冨祖流笛教師・琉球古典音楽奏者
東京都出身。1997年高松「FMマリノ」パーソナリティ、舞台女優、JAZZ・POPS歌手など様々な表現手法を用いたライブで活躍後、琉球古典音楽に魅せられ沖縄県立芸術大学へ入学、2012年卒業。
沖縄芝居で50年の伝統を誇る「劇団うない」(前・乙姫劇団)で地謡(笛)を担当。
音楽とともに絵本読み聞かせ、沖縄民話の朗読、戦争体験の朗読活動など様々なジャンルで活動中。

Comments are closed.