佐喜眞美術館

Sakima Art Museum

北島角子ひとり芝居「日本じん?」と伊波貞子・久美子「おきなわの歌」


チラシ(PDF)

北島角子ひとり芝居「日本じん?」と伊波貞子・伊波久美子おきなわの歌
2012年5月5日(土) 15時開演 (要予約)
場所=佐喜眞美術館
前売り券=大人2000円 中高小生1000円 親子券2500円(※当日500円増)
予約・問い合せ=佐喜眞美術館(TEL 098-893-5737)

「命どぅ宝」。いのちこそ宝だと、私達は沖縄戦を体験した世代から忘れてはならない大切な言葉をもらいました。
その沖縄の心を、北島角子さんと伊波貞子さん、伊波久美子さんがお芝居と歌で伝えます。

■北島角子ひとり芝居「日本じん?」
立派な標準語を使える日本人になることが沖縄に繁栄をもたらす・・・。戦争に向かう挙国一致体制のもとで強化されていく「標準語励行運動」に巻き込まれ、慣れない標準語に奮闘する悲しくもありおかしくもあるウチナーンチュの姿。「ウチナーグチ(沖縄口)を喰ったのはだれか?」。北島角子さん渾身のひとり芝居です。

■伊波貞子・伊波久美子おきなわの歌
沖縄には人間を根っこから励ます「宝の歌」がたくさんあります。
沖縄の子どもたちに、沖縄の文化の豊かさ、奥深さを沖縄の歌を通して感じてほしい。
どうぞご家族のみなさまでお楽しみください。

Comments are closed.