佐喜眞美術館

Sakima Art Museum

開催中の展覧会

佐喜眞美術館コレクション
上野誠/ケーテ・コルヴィッツ/洪成潭 展

【会期】2020年9月9日(木)〜10月11日(日)

SAKIMA ART MUSEUM COLLECTION
UENO,Makoto / Käthe kollwitz / HONG,songdam

今展では、当館コレクションより上野誠、ケーテ・コルヴィッツを展示しています。

展示風景-1

展示風景-2

上野誠〈原子野(G)〉木版 1975年

上野誠〈原子野(G)〉木版 1975年

上野誠(1909-1980)は、長野市川中島で漢方医として鍼灸療院を営んでいた父内村直治、母よりの三男として生まれました。旧制長野中学を卒業後、画家になることを決意し国立東京美術学校(現東京藝術大学)師範科に入学。入学2年目に学内民主化運動に参加したことにより退学処分を受け、中退を余儀なくされます。その後鉄道工夫やミシンの修理工、土工など仕事を転々としている頃、北信濃の版画家小林朝治や平塚運一と出会い、版画家への道を歩みはじめ、働く人々の生命力や逞しさへの深い共感と愛情を込めた作品を制作していきます。平塚から紹介された中国人留学生の劉峴(1915-1990 )から魯迅が編集したケーテ・コルヴィッツの画集を紹介され、深い共感と影響を受けました。
1954年、東京上野駅のガード下で原水爆の全面禁止を訴えている、広島での被爆者に出会った衝撃はその後の広島・長崎シリーズ制作の出発点となりました。
今展では、開館以来2回目の展示となる上野の「長崎掌版シリーズ」63点を中心に、上海で魯迅の薫陶を受け、上野とも交流のあった劉峴の木版画1点を含む全73点を展示。
「長崎掌版シリーズ」は、手のひらに収まるほどの小作品ですが1961年から被爆地を訪ね、その後日記のように制作された木版作品です。小品ですが彼が制作した多くの作品のモチーフが随所にみられ、上野誠の芸術の結晶のような作品群です。

ケーテ・コルヴィッツ《戦争》第一葉〈犠牲〉木版 1922/23年

ケーテ・コルヴィッツ
《戦争》第一葉〈犠牲〉木版 1922/23年

ケーテ・コルヴィッツ(1867ー1945)は、1867年、東プロイセンのケーニヒスベルク(現ロシアのカリニングラード)で、法律家で石工のマイスター、のちに自由福音派の伝道師となる父カール・シュミット、母カタリーナの第五子として生まれます。14歳のときに銅版画家ルドルフ・マイアーに師事、女子美術学校で学び卒業後、健康保険医のカール・コルヴィッツと結婚。患者の大半は貧しい工場労働者で、このころのケーテの作品の重要なモデルとなります。1914年に第一次世界大戦が勃発、次男ペーターが戦死。1918年、戦争が革命へとなだれこみ、翌年行程ヴィルヘルム二世が退位してワイマール共和国が成立。1933年にドイツ民主主義が崩壊、1月にヒットラーが首相に就任し第三帝国である国家社会主義党(ナチ党)の独裁へと突き進んでいく暗黒の時代となります。1939年、ケーテ72歳のときに第二次世界大戦が勃発、’42年には孫のペーターが戦死。1945年4月22日に、第二次世界大戦の終結を見届けることなく77歳の生涯を終えました。
このように、激動の時代に生きたケーテは、卓越した版画技法や彫刻で社会的な主題を普遍的に表現し、女性としての視点で鋭く戦争を告発した作品は今日もなお、観る者に深い感動を呼び起こします。今展では、初期のエッチング作品と後年の木版画連作『戦争』全7点とブロンズを含む全22点を展示しました。

洪成潭氏の《光州5月連作版画―夜明け》《夜明けⅡ》は前回の展覧会に引き続き展示しています。

各作家、各時代の版画作品の魅力をどうぞご覧下さい。

■ケーテ・コルヴィッツ 22点
  1. 祈る少女 1892年 エッチング、アクアチント、サンドペーパー、ドライポイント
  2. 「多くの傷口から血を流す汝、国民よ」 1896年 エッチング、アクワチント
  3. カルマニョール 1901年 エッチング、アクワチント
  4. 女性の胸像 1905年 ヴェルニ・ムー
  5. 家内労働『ドイツ家内労働展』のポスター 1905/06年
  6. 待望 1914年 石版
  7. カール・リープクネヒト追悼 1919/20年 木版
  8. 飢え 1923年 木版
  9. 生き残りし者たち 1923年 石版
  10. 母はその余剰を与える! 1926年 石版
  11. 横を向いた自画像 1927年 石版
  12. マリアとエリーザベト 1928年 木版
  13. 両親と子ども 1931年 石版
  14. 種を粉に挽いてはならない 1942年 石版
  15. ピエタ ブロンズ 1937/38年 ブロンズ
連作《農民戦争》7点
  1. 犠牲 1922/23年 木版
  2. 志願兵たち 1921/23年 木版
  3. 両親たち(第3ヴァージョン) 1923年 木版
  4. 寡婦Ⅰ 1922/23年 木版
  5. 寡婦Ⅱ 1922/23年 木版
  6. 母たち 1922/23年 木版
  7. 民衆 1922/23年 木版
■上野誠 72点+劉峴1点
  1. 老人 1956年 木版
  2. 瞑想家 1959年 木版
  3. ヒロシマモニュマン 1961年 木版
  4. 自画像 1962年 木版
  5. 希望 1964年 木版
  6. ロシアの彫刻家 ルザント 1971年 木版
  7. 夜明け 1973年 木版
  8. 原子野(G) 1975年 木版
  9. 原子野(H) 1976年 木版
  10. 無題 ※劉峴 制作年不詳 木版
掌版シリーズ 63点
  • シリーズ53点 シリーズ外掌版 10点
■洪成潭 61点
  • 《光州五月連作版画―夜明け》53点 1981-89年 木版
  • 《夜明けⅡ》8点 2005年 デジタルプリント