佐喜眞美術館

Sakima Art Museum

お知らせ

NHK Eテレ年間企画「シリーズ私の戦後70年」の第一回目として2015年8月に放映された番組がまたこの6月に再放送が決まりました。

大変ご好評をいただき、この番組をご覧になり全国からご来館された方も多くいらっしゃいました。朝早い放送ですがぜひご覧ください。

番組名:こころの時代 〜宗教・人生〜
副題:害(そこな)われし人々のなかに

アンコール放送:6月3日(日)朝5時〜6時 Eテレ
アンコール再放送:6月9日(土)午後13時〜14時 Eテレ

出演:佐喜眞道夫さん(佐喜眞美術館館長)
   徐京植さん(作家・東京経済大学教授)

沖縄の米軍普天間基地に接する佐喜眞美術館。
芸術家ケーテ・コルヴィッツの希少なコレクションがある。コルヴィッツは20世紀前半のドイツを生き、二つの世界大戦で息子と孫を失い、戦争や貧困に苦悩する人間像を版画や彫刻で表した。芸術作品をよすがに、戦争や弾圧などで害(そこな)われてきた人々の記憶をいま沖縄から見つめ直す。

※6月9日(土)の再放送が、地域によっては、高校野球の県大会で放送がない場合があるようです。お手数ですが番組HPか番組表をご確認ください。

6月23日(土) 慰霊の日の開館時間について

特別イベントのため、開館は 9:30〜16:00までとなります。

なお、屋上は 18:30より一般開放いたします。
閉館後16:00〜18:30までは、屋上に上がることはできませんのでご注意ください。

開催中の展覧会

沖縄を描いた画家たち展

会期=2018年3月29日(木)〜5月28日(月)

【内容】
「沖縄を描いた画家たち」をテーマに県内外の29名の作家による、油彩、水彩、水墨、染、彫刻、版画、写真など全62点を展示しました。
今回、特別に日本画家の喜屋武千恵氏より作品をお借りしました。若い感性も加わり、より多彩な展示空間となりました。
また、昨年新たに収蔵された大嶺政寛の『梯梧』(1968年)、与那覇大智『HOMEー椅子(黒い水)』(2017)は、初公開となります。

時代も表現方法も様々ですが、多様な文化を持つ沖縄でそれぞれの作家が何を見て、何を感じ、表現したのかをぜひご覧ください。

大嶺政寛『梯梧』(1968年)

大嶺 政寛『梯梧』(1968年)

喜屋武千恵『母の詩』(2012年)

喜屋武 千恵『母の詩』(2012年)

与那覇大智『HOMEー椅子(黒い水)』(2017)

与那覇 大智『HOMEー椅子(黒い水)』(2017)

【展示作家】(50音順)
安次嶺金正、安谷屋正義、池田良則、伊藤清永、上野遒、内間安瑆、大嶺政寛
喜久村徳男、儀間比呂志、喜友名朝喜、喜屋武千恵、金城実、金城満、國吉和夫、幸地学
佐田勝、須田剋太
富田渓仙、玉那覇正吉、照屋勇賢
長尾紀壽、中島イソ子
増田常徳、丸木位里、丸木俊、宮城明
山城見信、山元恵一、与那覇大智