佐喜眞美術館

Sakima Art Museum

開催中の展覧会

「命どぅ宝 沖縄戦の図 全14部」展

【会期】2019年9月25日(水)〜12月16日(月)

 1994年11月23日に開館した佐喜眞美術館は今年25周年を迎えました。
 丸木位里・丸木俊の最晩年の共同制作「沖縄戦の図」は1982年~1987年の間、沖縄に通い続け、また制作時には沖縄各地に数カ月滞在し全14部描かれました。今展では、開館以来初となる全14部を一挙公開いたします。

常設展示室の第三室には、比嘉豊光氏、村山友江氏を中心とする「琉球弧を記録する会」により1997年から始まった活動「島クゥトゥバ※で語る戦世」で、沖縄本島、慶良間諸島、伊江島、久米島、宮古、八重山など離島も含め1000人を超えるお年寄りの戦争体験を写真や映像に収録した写真の一部を展示しました。
※島クゥトゥバーそれぞれの地域のウチナーグチ・沖縄口

「原爆の図」から一貫して「人間と戦争」という人間にとって最も重要なテーマをつらぬいた丸木夫妻が、最晩年に地上戦を体験した沖縄戦に取り組んだ平和への切なる想いをぜひご覧ください。

「命どぅ宝 沖縄戦の図 全14部」展 チラシ【PDF:2.3MB】

沖縄の図 [八連作] - 久米島の虐殺(2)(1983年)

沖縄の図 [八連作] – 久米島の虐殺(2)(1983年)

沖縄の図 [八連作] ー 暁の実弾射撃 (1983年)

沖縄の図 [八連作] ー 暁の実弾射撃 (1983年)

首里で「沖縄戦の図」を描く丸木夫妻 写真:石川文洋 1983年

首里で「沖縄戦の図」を描く丸木夫妻 写真:石川文洋 1983年

沖縄戦 - きゃん岬(1986年)

沖縄戦 – きゃん岬(1986年)

「島クトゥバで語る戦世(いくさゆ)」写真:比嘉豊光

「島クトゥバで語る戦世(いくさゆ)」写真:比嘉豊光

◆展示作品
 ・沖縄の図 [八連作](1983年)
   久米島の虐殺(1)/ 久米島の虐殺(2)/ 亀甲墓
   / 自然壕(ガマ)/ 喜屋武岬 / 集団自決 / 暁の実弾射撃
   / ひめゆりの塔
  
 ・沖縄戦の図(1984年)
  
 ・沖縄戦 – きゃん岬(1986年)
  
 ・沖縄戦 – ガマ(1986年)
  
 ・沖縄戦[読谷三部作](1987年)
   チビチリガマ / シムクガマ / 残波大獅子

【イベント】※友の会 会員無料、一般は当日の入場券でご参加できます

◎朗読劇「にんげんだから」
■日時:10月5日(土)午後3時~

 大城貞俊 /作 上江洲朝男  高宮城六江 /出演
 嘉数貞夫 /音響・照明  新垣雄 /音楽
 UO(魚)の会 /制作

・参考URL:https://www.qab.co.jp/news/20190423114412.html

◎講演会
■日時:11月3日(日)午後6時~

『沖縄戦の図』制作の場に立ち会って
 平良修(日本基督教団牧師)・知花一昌(真宗大谷派僧侶)

沖縄での『沖縄戦の図』取材・制作に協力し、支えてくださった両氏に制作現場からみた丸木夫妻の沖縄への思い、制作秘話などをお話していただきます。

◎ギャラリー・トーク
■日時:12月1日(日)午後4時~

「沖縄で語る『原爆の図』から『沖縄戦の図』へ
 ー 丸木位里、丸木俊の共同制作再考」
(2019年遠山記念館芸術・学術研究等助成金)

・岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
・小沢節子(日本近現代史研究者)
・後藤秀聖(画家、絵画組成研究)
・上間かな恵(佐喜眞美術館学芸員)

『原爆の図』に関する様々な角度から研究を続けている3氏をお招きし『沖縄戦の図』14部を通して丸木位里・丸木俊の画業を再考します。